トラック野郎USAの本名や年齢は?経歴についても詳しく!

トラック野郎USAの本名や年齢は?経歴についても詳しく!

アメリカで大型トラックの長距離運転をしている「トラック野郎USA」さん。

その日常や、仕事ぶりを動画にしているチャンネルが人気です。

トラック野郎USAさんは、トラックで生活しながら、広大なアメリカ中に荷物を運んでいます。

トラック野郎USAさん、一体どんな人なのでしょうか?

今回は、トラック野郎USAさんの本名や年齢などのプロフィールについて、そして、どんな経歴の持ち主なのかについて、お届けします。

スポンサーリンク


トラック野郎USAのプロフィール

 

トラック野郎USAさんは、アメリカで、とても大きなトラックで食用油を運搬しています。

本名:非公開
年齢:50歳前後(推定)
出身:北海道
趣味:スキー・一輪車

 

トラック野郎USAさんの個人的な情報というのは、あまり出ていませんが、出身が北海道ということは、よく動画内で話しています。

スポンサーリンク


トラック野郎USAの経歴

 

トラック野郎USAさんは、1999年に北海道からアメリカへ渡りました。

現在は、長距離トラックドライバーとしてアメリカのトラック会社と契約をして、働いています。

 

トラック野郎USAさん、いつ頃北海道からアメリカへ渡ったんだろう?
なんでわざわざアメリカで長距離トラックのドライバーになったんだろう?

 

トラック野郎USAの職業

トラック野郎USAさんは、2004年から今に至るまで、17年間コンピュータ関係の会社を経営しています。

今のYouTubeでも、パソコンや、動画配信などかなり詳しいのは、会社を経営するほどの知識があるからなんですね!

ただ、コンピュータの会社は景気の波に上下しやすいため、安定した収入源がほしいと思いました。

そこで思いついたのが、トラックの運転手なんです。

トラック野郎USAさんは、北海道にいる頃に、大型二種の免許を持っていましたが、トラックを運転したことは一度もありませんでした。

 

トラック野郎USAのブログ

トラック野郎USAさんが、2012年8月から11月まで書いていたブログを発見しました。

そのブログのプロフィールには、「とある事情によりアメリカでトラック運転手になろうとしています」と書かれています。

とある事情とは、コンピュータ会社と別の収入源がほしい、ということですね。

ブログに書かれているのは、トラック運転手になるための試験を受ける数週間前からです。

一度試験に落ちたものの、無事免許を取ることができ、就職する会社も決まった。

そして、研修を受け、解雇された・・・

わずか4か月、記事も少ししか入っていませんが、あっという間の4か月でした。

解雇の原因は、研修中の2度の事故。

いずれも一日の仕事を終えてくたくたの精神状態でトレイラーの長さがスッポリと頭から抜けてしまったためのものでした。

出典:トラック野郎USA

 

やはり、長距離ドライバーは過酷な仕事のようで、精神的にかなり疲れるのでしょうね。

幸い弁済ですんだのでよかった、ということでしたが、精神力をきたえなければ、と実感したようです。

このブログがトラック野郎USAさんの始まりだとしたら、それから9年の月日がたっています。

 

トラック野郎USAの現在の生活は?

トラック野郎USAさんは、現在コンピュータの会社経営と、長距離トラックドライバーの二つの仕事を持っています。

トラックの方は、2018年からPRIME(プライム)という大手の長距離運送会社に所属しています。

PRIMEは、免許を持たない人でも雇用し、免許を取らせてくれる会社です。

免許を取った後は、PRIMEの社員として雇用契約を結ぶか、個人事業主としてPRIMEと業務提携を結ぶかを選ぶことができます。

トラック野郎USAさんは、個人事業主としてPRIMEと契約をしています。

労働時間は、アメリカのトラック業界の規則により、1日の運転時間は11時間以内と決められていて、配送先によっては、3日くらいかけて届けることもあるので、家にはほとんど帰れません。

トラック野郎USAさんにとって、自分のトラックが家と同じなんですね。

コンピュータ会社の仕事も、トラックの中でされているんでしょうか?

そんな生活で体を壊さないですか?

そんな心配もよくコメントでいただくそうですが、トラック野郎USA自身、今の仕事がストレスでなく楽しんでやっているので、今のところ大丈夫、ということでした。

 

トラック野郎USAの人気の秘密

 

トラック野郎USAさんの動画は、現在登録者数9万人の人気チャンネルです。

その人気の秘密は、なんでしょう?

  1. アメリカの広大な景色がドライブ感覚で見れる
  2. アメリカの実生活がわかる
  3. アメリカの長距離トラックドライバーの実情がわかる
  4. 大型トラックの内装に興味がある

 

人気の秘密はこんなところにあるようです。

 

アメリカの景色と実生活がわかる

 

トラック野郎USAさん、休日はこんなハイスペックなバイクを乗り回しているんですよ。

トラックで走っている時は、ドライブレコーダーの画像をあげています。

各州をまたいで走り回るため、私たちがテレビなどで見ることができない、いろんな場所の景色を、ドライブしているような感覚でみることができます。

また、トラックドライバーが休憩や宿泊で立ち寄るトラックストップでの過ごし方。

アメリカならではの食事など、日常生活が垣間見え、生のアメリカを感じることができます。

 

アメリカのトラックドライバーの実情がわかる

 

トラックドライバーになりたい!という人はたくさんいるかもしれませんが、「アメリカで」となると、話は別ですよね。

アメリカの長距離ドラックドライバーってどうやってなるの?

どんな仕事してて、どのくらいの収入があるの?

そんな疑問もでてきますし、単純に一般の人でも、興味があるところです。

トラック野郎USAさんは、ご自身の売り上げも公開しています。

アメリカでの長距離トラックドライバーの実情がわかって、おもしろいですね。

 

トラックの中

 

トラック野郎USAさんのトラックは、その中で生活ができるようになっています。

いわば、「キャンピングカー」状態です。

今のトラックは、レンタルで新車価格、約1千5百万円くらいするそうです( ゚Д゚)

長距離で、何日もアメリカ中を走り回っているトラック野郎USAにとって、トラックはセカンドハウスです。

快適に過ごすために、いろんな工夫がしてあったり、冷蔵庫やキッチンがあったり、トラック好きな人や、車中泊好きな人にはとても参考になりますね。

 

トラック野郎USAの愛用品

 

 

トラック野郎USAさんが最近ハマっているのが一輪車です。

長時間のトラックの運転は運動不足になりますよね。

楽しみながら運動不足が解消できそうです。

一輪車協会認定品なので子供さんにも安心です。

 

まとめ

 

今回は、アメリカで長距離大型トラックドライバーをしている、トラック野郎USAさんについてお届けしました。

トラック野郎USAは北海道出身
トラック野郎USAは50歳前後
トラック野郎USAはコンピュータ関連の会社社長
トラック野郎USAのトラックはセカンドハウス

 

単身で日本からアメリカへ渡り、長距離トラックドライバーになったトラック野郎USAさん。

言葉も文化も違うところでの免許の取得や、会社探しはとても大変だったと思います。

だけど、広大なアメリカを、トラックで走りまわり、いろんな発見ができる、そんな素敵な仕事でもあります。

これからも、ぜひアメリカの素敵な景色や暮らしを配信していただきたいですね。

トラック野郎USAさん、安全運転で頑張ってください!

スポンサーリンク