えらいてんちょうの正体は?本名や年齢、経歴などを詳しく紹介!

  • URLをコピーしました!

えらいてんちょう(通称:えらてん)さんは起業家であり、チャンネル登録者数10万人越えの人気のYouTuberです。

他にも経営コンサルタント、作家、投資家と肩書きがたくさんあります。

一体どんな人なのか気になりますよね。

  • えらいてんちょうの正体は何者?
  • 本名や年齢などのプロフィール
  • 経歴について

今回はそんなえらいてんちょうさんについて調べてみました!

スポンサーリンク


目次

えらいてんちょうの正体

えらいてんちょうさんの正体は、本業が経営コンサルタントそしてYoutuberです。

過去に学習塾やバー、リサイクルショップ等の経営をしていました。

現在は実務からは身を引いて、バー経営の専門家ということで経営コンサルタントとして色んな所で起業する人たちの悩みに応えたりもしています。

そしてなんと、本を10冊以上書かれていて、2018年12月に発売された「しょぼい起業で生きていく」はかなりの人気を博しました。

Youtubeでは、起業についてやインターネットで有名な人について取り上げた動画、そしてなんと社会の闇について触れた動画まで様々な動画を投稿。

他にも、実業家・起業家・投資家…等々、様々な肩書きをお持ちの方です。

若くしてこんなに多くの経歴をお持ちなんてすごいですよね!

著:えらいてんちょう

えらいてんちょうと呼ばれる由来

えらいてんちょうさんの名前の由来は、リサイクルショップ開店時「私はえらいんだ」と言いたくて名乗ったとのことです。

面白い由来ですね。

ひらがなで表記しているところが、ゆるくて親しみやすいです。

いい名前ですね~(笑)

スポンサーリンク


えらいてんちょうのプロフィール

えらいてんちょうのプロフィール
  • 本名 矢内 東紀(やうち はるき)
  • 誕生日 1990年12月30日
  • 年齢 31歳(2022年9月現在)
  • 身長 175.8cm
  • 体重 66.8kg
  • 出身 東京都豊島区(としまく)
  • 家族 妻、子3人
  • 学歴 慶應義塾(けいおうぎじゅく)大学

えらいてんちょうの本名

えらいてんちょうさんの本名は矢内 東紀(やうち はるき)さんです。

「東紀」と書いて「はるき」と読むとは、変わってますね。

かつては「大杉 春樹(おおすぎ はるき)」「宮内 春樹(みやうち はるき)」というペンネームで活動されていたこともあり、Wikipediaではそれが本名として載ってしまっていたそうです。

その後Twitterで「矢内 東紀(やうち はるき)」が本名だと公表されています。

それを受けて、現在はwikipediaのほうは修正されています。

ところで、同じ「東紀」と書く名前の有名人には俳優の「立山 東紀(たてやま とき)」さんがいます。

なんと、偶然えらいてんちょうさんと同じ1990年生まれの方でした。

読み方は「とき」となっており、えらいてんちょうさんの「はるき」とはまた違いますね。

なかなか見かけないお名前なので、かっこよくてうらやましいです!

えらいてんちょうの年齢

えらいてんちょうさんの年齢は31歳です。(2022年10月現在)

意外です!起業家・コンサル・実業家など肩書きがたくさんあるので、もっと年上かと思っていました。

たしかに、お顔を見ると若々しいですよね。

この若さでこれほどまでの行動力はかなりすごいです!

えらいてんちょうの身長や体重は?

えらいてんちょうさんの身長は175.8cmで体重66.8kgです。

31歳の日本人男性の平均身長は171.5cmなので、背は高いですね。

また、平均体重は70kgなので、それと比べると痩せています。

写真で見ても、高身長でスラッとしていてかっこいいですよね。

とっても素敵です!

えらいてんちょうの出身地は?

えらいてんちょうさんの出身地は東京都豊島区(としまく)です。

都内出身の方だったんですね。

豊島区(としまく)といえば池袋。もちろんそんなにぎやかな場所もあれば、普通の住宅街もあります。

生まれてから都会で育っただけあって、新しいアイデアが浮かんだり、近代的なものの見方ができるのですね。

えらいてんちょうさんはシティボーイ(都会的な男子)でした!

えらいてんちょうの経歴

それでは、えらいてんちょうの経歴についてご紹介します。

起業時代

2015年、シェアハウスを友人と一緒に運営したのがはじまりでした。

その流れからリサイクルショップを開店します。なんと、一年で5店舗もできました。

その後、知人が廃業させる予定だった学習塾を受け継いでいます。

元々は、人が集まっていろんなことが起これば楽しいだろうという想いでシェアハウスを作ったと言っています。

起業のきっかけは、朝起きれない・意味もなく人に頭を下げるのがきらい等の理由があったこと。

そういうわけで、大学時代も就職する気は起きなかったとか。

一見ただのなまけ者のような理由です!(笑)

しかし慶應(けいおう)出身の切れ者であるえらてんさんは、きっとものの見方も感性も優れていたのでしょうね。

このリサイクルショップは開店した月の売上が約40万円にものぼりました!

2016年に「イベントバー エデン」を開店します。その後全国に店舗を展開していき、今は全国に14店舗もあります。

2018年には、ベーシックインカムハウスをプロデュース。

行動を起こすのは簡単にできますが、ここまで成功されているのはすごいですね!

やはり、ただものではありません。

Youtube開始

2018年2月、Youtube「えらてんチャンネル」にて動画投稿をはじめました。

8か月後の10月頃には、チャンネル登録者数が一気に5万人くらいにまで上がりました。

そして投稿を始めてから10か月後の12月には9万3千人を達成!

現在のチャンネル登録者数は14万5千人です。(2022年10月現在)

こんなにすごいスピードで伸びていたんですね!

その影には、裏方さんたちの支えもあったと語っています。

動画編集などはそういった方たちに任せていたとか。

でも、そんな実力のある方たちを味方につけてYoutuberとしても名をあげているえらてんさんの力は相当なものですね。

本当にすごいです。

本を出版

2018年に「しょぼい起業で生きていく」を発売

2019年には「しょぼい自己啓発シリーズ」として3冊の単行本を同時に発売。そしてもう1冊の計4冊を出されています。

2020年には、なんと5冊も!

短期間ですごい数ですね!

本を作るにあたって、「今の時代、電子書籍でいいのでは?」という風潮があるものの、えらてんさんは紙の書籍にしたいという想いがあったそうです。

本屋さんに並べてはじめて手にしてもらえる人たちもいるはずで、そういう人たちにも読んでもらいたい、と。

たしかに、紙の本として残した方がより多くの人に読んでもらえますね!

私も、「しょぼい起業で生きていく」を本屋さんで目にしたことがあります。

より多くの人に読んでもらいたいというえらてんさんの想いは、4年経った今も形になって残っているんですね。

えらい店長のしょぼいシリーズはコチラ

まとめ

今回はえらいてんちょう(通称:えらてん)さんについてご紹介しました。

  • えらいてんちょうの正体は本業が経営コンサルタントそしてYoutuber
  • 名前の由来は「私はえらいんだ」と言いたくて名乗ったことから
  • えらいてんちょうの本名は矢内 東紀(やうち はるき)
  • 身長は175.8cmで体重66.8kg
  • 出身地は東京都豊島区

起業家として、経営コンサルタントとして、Youtuberとして…

いろんな所でたくさん活躍をされ、人望も厚いえらいてんちょうさん。

これからも自身のやりたいことを通して、多くの人に希望を与えていってくれることでしょう。

これからのご活躍も、楽しみにしています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次